お客様の声

美しさの自立

美しくなりたい。女性なら誰もが抱く願いだろう。

かく言う私だって、例外ではない。

こうなりたい、と憧れるイメージの女性像があるのは素晴らしい。

だが、時として、「あの人のように美しくなりたい」が、

「あの人のように美しくなれない私はダメ。」にすり替わってしまうことがある。

そうなると美しくなるどころか、自分へのダメ出しで終わってしまうのだ。

世間で言われる、美しい女性であれ、自分が憧れる美しい女性であれ、

「その人になろう」とすると、苦しくなるばかり。

本当は「美しくなる」よりも、「美しくある」ほうが大事ではないだろうか。

なぜなら、「美しくなる」は探求のベクトルが外に向かい、

「美しくある」は、ベクトルが内に向かっているからだ。

私は私として、美しくありたい。

その為のあらゆる努力を欠かさない。

そんな女性は、すっと一本軸が通っていて、

それが人を惹きつける魅力のひとつになっている。

他者に振り回されない、自立した美しさ。

そんな美しさを見つけたい方に、まるで宝箱のように沢山のヒントが詰まった、

素晴らしい本をご紹介したいと思う。

美しさの自立:自分軸の美意識を作る7Secret Keys

(Amazon Kindleストアで発売中)

著者の天海 宝晶(あまみ ほうしょう)氏は、

友人であり、勝手ながら私が姉のように慕う、美しい女性である。

彼女を一言で表すとすれば、「豊潤」。

女性らしい豊かさと温かさ、潤いに満ちた、美しい人。

セラピストであり、サロン「あまてらす」の女将であり、グラフィックデザイナー、

米国発祥のAFP(Art of Feminine Presence)の認定ティーチャーという、

天は二物も三物も与えたかという、多彩な顔を持つ方である。

彼女に会うといつも、観音菩薩のような慈愛のオーラと共に、

温かく迎えてくれる。

(だが、ひとたび本気で怒れば夜叉のように恐ろしいだろうと、勝手に想像している。)

しなやかな軸を持ち、決して押し付けがましくなく、

だが毅然と美しい彼女の文章は、まさに彼女そのものだ。

美しさの自立とは?

そう思われた方は、ぜひ、リンクからAmazonへ飛び、

紹介文を読んでみていただきたい。

きっと、本書を紐解きたくなるに違いないし、

あなたの美しさの扉を開く、7つの鍵を手に入れたくなるに違いない。

マレーシア クアラルンプールより愛を込めて

Nさま(天海 宝晶 著書 【美しさの自立】のご感想)

Amazonランキング2部門1位獲得!
天海宝晶 著書『美しさの自立:自分軸の美意識を作る7Secret Keys』
(Amazon Kindleストアで発売中)